概要

「融合」をコンセプトにした時計製造

伝統と革新が共存する場所、ウブロ マニュファクチュールでは、「融合」をコンセプトにした時計製造を行っています。

時計製造に関わる幅広い職業と製造技術を網羅しているウブロでは、同一の建物内で、最も伝統的な形式の手仕事を行うと同時に、この何世紀も続いている手工芸に最新素材と製造技法を組み合わせた手法を採用しています。時計製造におけるこのような柔軟性は、ウブロが先頭に立って時計製造技術を刷新し、最先端のユニークなタイムピースを作り出す原動力となっています。

"ウブロ マニュファクチュールではテクノロジカルであることに高い価値を置いています。"
リッカルド・グアダルーペ
CEO

製造工程

技術革新
+ 工程

ウブロ マニュファクチュールには、未来の時計作りを現実のものとするあらゆるノウハウと設備が集約されています。

ムーブメントの小型構成部品の製造からケース部品の組み立てまでを一貫して行うことによって、ウブロ マニュファクチュールでは、ウニコクロノグラフ ムーブメントやマジックゴールドなどの特許を取得した素材、ケースやムーブメントを組み立てやすくする革新的なデザインなど、画期的なクリエーションが生み出されてきました。ウブロの研究開発部門では、金属および素材実験室と共同で思い付く限りあらゆる技術革新の可能性について熱心に研究が行われています。

レッド セラミック

ウブロがその製造方法の特許を取得した、明るい色付きのセラミック

パワーリザーブの世界記録樹立

世界初の50日間のパワーリザーブ

自社製ムーブメント

クロノグラフ、トゥールビヨン、ミニッツリピーター