Featured image

EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)の金属工学科との長年に渡る研究の末、ウブロは純金と炭化ホウ素(セラミック)の真の「融合」を実現し、セラミックや金の優れた長所を残したまま、一般的なゴールド合金に比べて硬く傷のつきにくい18Kゴールド合金を作り出すことに成功しました。もともとほぼ真っ黒なこの合金は、研磨すると独特なゴールドの色調に変化することから、『マジックゴールド』と名付けられています。マニュファクチュール ウブロの鋳造施設でのみ生産される『マジックゴールド』は、貴金属合金の新時代の幕開けを告げています。

無断転載禁止。 プライバシー - 企業三原則 - 責任ある宝飾のための協議会 - 個人情報保護基本方針- お問合せ