Featured image

熱帯原産のヘベアブラジリエンシスは再生可能資源である天然ゴムの原料となる乳白色の樹液(ラテックス)を分泌する極めて重要な農業資源である。今日、天然ゴムの90%以上は東南アジア産である。天然ゴムと合成ゴムは競合することなく、むしろ互いの特性を補完し合う関係にある。また、カーボンブラックと呼ばれる色合いが重宝され、タイヤやウブロのバンドのブラックカラーはこの素材に由来するものである。白色ゴムを生成する場合は、粉末状のカオリンやチョーク、シリカ、タルカムを混合する。さらには最終的な用途に応じて、他の添加物が混合される。

無断転載禁止。 プライバシー - 企業三原則 - 責任ある宝飾のための協議会 - 個人情報保護基本方針- お問合せ