7 4月 2021

ビッグ・バン インテグラル トゥールビヨン ハイジュエリー

big bang HJ

ダイヤモンドとの融合

「ビッグ・バン インテグラル トゥールビヨン ハイジュエリー」は、ウブロの個性と技術のすべてを体現 - 自社 設計・製造の自動巻きトゥールビヨンキャリバー、合計約 31 カラットになる 484 個のバゲットカットの ダイヤモンドをセッティングした壮観なデザイン、ケースからブレスレットに至るまで一体感のある構造美、 サファイアクリスタルの風防を通してダイアル側からすべてが見える時計の機構 - この 1 つのピースに すべてを結集させたモデルです。

“「ウブロはこの 14 年間、どこにもない独創的なハイジュエリーピースまたはコレクションを毎年製作してきました。 今年発表する「ビッグ・バン インテグラル トゥールビヨン ハイジュエリー」は、ウブロの歴史において 30 本目となる独創的 な ハイジュエリーピースです。私たちの最大の目標は、すべての限界を取り払い、伝統的なウォッチメーキングという 枠組みを超えて挑戦し、時計全体に貴石をセットすることで、その製作にかかった時間、カラット数、セッティングの組み 合わせ、販売価格のすべての記録を打ち破り、どこにもない時計を実現することです。そうすることで、メカニズムと コンプリケーションというウブロが誇るウォッチメーキングのノウハウと、素材を融合させ表現するウブロの個性は、私たち ブランドの核として守られるのです。貴石をセッティングするためのデザインから、ストーン探しおよびストーンのカット、 そしてセッティングに至るまで、その準備に何百時間、何千時間を費やしています。というのも、「ビッグ・バン インテグラル トゥールビヨン ハイジュエリー」のような時計のセッティングには、高い技術と美的センスを要するからです。 ですが、私たちが自分を疑うことはありません。なぜなら、私たちは不可能を可能にする自信があるからです。」”

リカルド・グアダルーペ

ウブロ CEO

big bang HJ
big bang HJ

ビッグ・バン インテグラル トゥールビヨン ハイジュエリー

2020 年発表の「ビッグ・バン インテグラル」でブレスレットをケースに統合したことにより、その一体化構造が ウブロのスタイルになりました。ビジュアル的にバランスの取れた美しいフォルムは、ミステリーセッティング された、484 個のバゲットカットダイヤモンドによってより際立ちます。シャープなエッジを添える独特の 3メッシュブレスレットには、約 20.5 カラットものダイヤモンド(304 個のバゲットカットダイヤモンド)が施されて います。このピースの高度な美的センスと技巧は、サファイアクリスタルのダイアルにまで及びます。バゲット カットダイヤモンドがセッティングされたプラットフォームをいくぶん高くしたことにより、スケルトンムーブメント が見える構造です。浮いているように見えるこのコンポーネントに加えて、6 時位置に配されたトゥールビヨン は規範に囚われない大胆な設計を行っています。ダイアル側から見えるマイクロローターと、3 つの透明な サファイアクリスタル製ブリッジを搭載した、完全自社設計・製造の自動巻きムーブメント、HUB6035 です。 「ビッグ・バン インテグラル トゥールビヨン ハイジュエリー」は、マニュファクチュールのイノベーションおよび 直径 43mm の世界にハイジュエリーのノウハウを融合した、完璧なフュージョンといえます。

 

100 万ドルを超えるモデル、数えきれないダイヤモンドの輝きが証明するウブロの 14 年間!

2007年に100万ドルのモデルが発表されて以来、ウブロは毎年、100万ドル以上の独創的なハイジュエリー ピースを製作してきました。そのたびに、メゾンのアイコニックなデザインと、複数のコンプリケーション、最高 レベルのセッティング技術を組み合わせ、誰も挑戦したことのない技術的な難題に挑み、これを克服して きました。そしてこれは多くの場合世界初を記録しました。そのなかには、2012年に14か月かけて完成させた、 100カラットを超える1282個のバゲットカットダイヤモンドをセッティングした500万ドルのモデルもあります。 また、2015年には、「ビッグ・バン」誕生10周年を記念して、それぞれの価格が100万ドルとなる、10種類の 「ビッグ・バン ウニコ」のコレクションを発表。これらの特別なピースには、通常バゲットカットのホワイト ダイヤモンドがミステリーセッティングされていますが、ウブロはブラックダイヤモンドやカラーストーンを採用 したピースにも挑戦し、ありとあらゆるストーンカットやセッティングを取り入れてきました。2015年の10周年 記念コレクションのクル・ド・パリ、およびそのレールセッティングは忘れられないでしょう。

big-bang-HJ
big-bang-HJ