ライフスタイル

ガストロノミー

ヤニック・アレノ

Yannick Alléno - chef and Hublot ambassador

2018年からウブロのアンバサダーを務めるヤニック・アレノは、情熱や高い行動基準、献身的姿勢、古き良き伝統を重んじながらも新たな創造を生み出そうとする熱意といった、ウブロが重んじる価値観を見事なまでに体現する人物です。パリ出身のシェフであるヤニックはフランス料理という洗練された料理を追求し、2015年と2017年、フランス版ミシュラン・ガイドで3つ星を獲得しています。2020年、パヴィヨン・ルドワイヤンは世界で最も高い評価を受けたレストランとなりました。 その料理に対する明確なビジョンに基づくアプローチは、ノウハウと卓越性を大胆に融合しています。技術と手際の良さ、材料に対する敬意、完璧な味に対する探求心、それらすべてが彼を完璧主義者のシェフへと押し上げました。ヤニックは現在、世界各地で8軒のレストランを手掛けています。

ヤニック・アレノ
ヤニック・アレノ

アンヌ=ソフィー・ピック

anne-sophie-pic-hublot-ambassador-l-1_2

料理を独学で身に着けた、本能と直観力に優れたアンヌ=ソフィー・ピックは、新しいフレーバーを組み合わせ、型にはまらない味やこれまではあまり使われてこなかった、または忘れられている食材を大切にしています。ヴァランスの料理人の家系に生まれた彼女は、発想力と創造性を持ち合わせています。1997年からミシュランの3つ星を獲得し、世界で最も多くのミシュランの星を獲得したシェフである彼女は、ヴァランス(***)、パリ(*)、ローザンヌ(**)、ロンドン(**)の4つのレストランで計8つの星を獲得しています。

アンヌ=ソフィー・ピックは、2007年からはフランスでミシュランの3つ星を獲得した唯一の女性シェフです。彼女が作る料理は斬新で常に驚きに満ちており、彼女が作り出す完璧なる「インプレグネイション(吹き込むこと)」は、フードとドリンクの融合および相互作用によって新たな息吹が吹き込まれ、高い香りやフレーバーを引き出します。

ANNE-SOPHIE PIC
ANNE-SOPHIE PIC

アンドレアス・カミナダ

Andreas Caminada - Hublot Ambassador 3 Michelin star chef

食感で楽しませ、感覚で味わうアンドレアスの料理は時計製造さながらの精度を誇ります。アンドレアス・カミナダは、緻密な技術によって、素材本来の味わいをそのままに、大胆な想像力でその地域の本来の魅力を表現します。地域の特色とイノベーションを組み合わせる彼ならではの表現こそが、まさに2017年からアンバサダーを務めるウブロとの共通点と言えるでしょう。

彼は2009年にゴ・エ・ミヨから19ポイントを獲得、2011年にはミシュランの三ツ星に選ばれました。さらに、2019年には、スイス・シャウエンスタインのオーベルジュにおける地元食材とオーガニック食材、再生可能エネルギー、リサイクル素材の使用が評価され、「世界ベスト50レストラン」によって世界で最もサステナブルなシェフに選ばれています。

ANDREAS CAMINADA
ANDREAS CAMINADA