ビッグ・バン ウニコ バイレトログラード クロノグラフ

日付:
カテゴリー: クラフツマンシップ
「ウブロは、機械式クロノグラフでサッカーの試合時間を計測できる革新的な方法を考案しました。」
1/4
2/4
3/4
4/4

ウブロとサッカーの関わり

ウブロが「公式タイムキーパー」およびトーナメントの「公式ウォッチ」を務めるブラジルで開催される2014年FIFAワールドカップのために製作されたビッグ・バン ウニコ バイレトログラード クロノは、サッカーの試合を計時できる唯一の機械式高級時計としてスポーツクロノグラフの世界に新たな基準を作り出しました。

ウブロは、ビッグ・バン ウニコの45mmケースの使用を前提として、機械式クロノグラフでサッカーの試合を計時できるまったく新しい方法を考案しました。これを実現するため、ウブロは特許取得済みの自社製ウニコ ムーブメントを「ベース」として、新たに開発した特許取得済みクロノグラフ機構を作り上げました。これによって、観戦者たちが試合時間を確認することができる独自の機械式インターフェイスが提供されるようになりました。

オフセンター配置された時分表示のスモールカウンターを備えたビッグ・バン ウニコ バイレトログラード クロノは、まさにサッカー専用に作られたモデルです。ダイアルの10時から2時位置の部分には、中央に備え付けられたクロノグラフ分針と秒針が弧を描いて時刻を表示します。2時位置にあるプッシュボタンでクロノグラフを作動させると、センターセコンド針は2時位置にある60秒を示す数字まで進みます。次に、特許取得済みのレトログラード機構によって瞬時にスタート位置の0秒まで戻ります。

クロノグラフ分針もまた同様にレトログラード機能による動きをします。ただし、アディショナルタイムを考慮し、2時位置のプッシュボタンを2回押すと試合の後半戦の計時ができるようになっています。また、ダイアル中央の真上にあるウィンドウには、試合の前半または後半が示されます。

カーボンファイバー製ベゼルが付属したキングゴールド製またはセラミック製のいずれかの限定エディションからお選びいただけけるビッグ・バン ウニコ バイレトログラード クロノは、サッカーを愛するすべての人に必携のモデルです。

関連記事