「ウブロブティック大阪」が大阪・心斎橋にグランドオープン!

日付:
カテゴリー: ニュース&イベント
ウブロ会長J-C. ビバーと歌舞伎役者の中村獅童氏がグランドオープニングイベントに出席
1/7
2/7
3/7
4/7
5/7
6/7
7/7

2015年5月13日、スイスの高級時計ブランド「ウブロ」は、翌14日の「ウブロブティック大阪」のグランドオープンを祝し、グランドオープンイベントを開催しました。

大阪・心斎橋の中でも高級ブティックが建ち並ぶプレステージ性の高いエリアにオープンした「ウブロブティック大阪」は、世界では77店舗目、日本国内では2011年に東京・銀座にオープンした「ウブロブティック銀座」に次ぐ2店舗目の直営のウブロブティックで、「ウブロブティック銀座」同様にブティックでしか手に入れることのできない希少なブティック限定モデルをはじめ、国内では随一の品揃えを誇ります。

オープニングセレモニーでは、スイスより来日したウブロ会長兼LVMHグループウォッチディヴィジョン プレジデントのジャン-クロード・ビバーと、歌舞伎役者で俳優としても活躍中の中村獅童氏をスペシャルゲストに迎え、大勢のギャラリーと報道陣が見守る中、特別仕様の酒樽と木槌、升を使った鏡開きが執り行われました。オープニングセレモニー終了後の内覧会では、鏡開きの酒樽にも入っていた珍しい黒い日本酒を使ったスペシャルカクテルが振舞われ、大勢のゲストが誕生したばかりの「ウブロブティック大阪」のシックで洗練された雰囲気を堪能しました。

今回、「ウブロブティック大阪」の誕生を祝い駆けつけた中村獅童氏は、次のようにコメントしています。「ウブロブティック大阪のオープンを一緒にお祝いすることが出来、とても光栄に思います。ウブロは伝統的な高級時計の枠を超えた革新的でエネルギッシュなイメージがありますが、僕も歌舞伎という伝統と格式の世界に生まれながらも常に新しい挑戦を続けており、とても親近感を感じています。今後もウブロの活躍を楽しみにしています。」

そして、スイスより来日したウブロ会長、ジャン-クロード・ビバーは、次のように喜びを語りました。「大好きな日本で2店舗目となるウブロブティック大阪の誕生、そして、沢山のお客様との出会いを心待ちにしていました。新しい発見と活気に満ちた大阪と、ラグジュアリーでありながら革新的な時計造りを続けるウブロとの融合(フュージョン)は、まさに新たなBig Bang Momentの誕生と言えるでしょう。Hublot Loves Osaka!」

5月14日にグランドオープンした「ウブロブティック大阪」は、2フロアからなるゆったりとした造りが魅力です。外装の壁面には、ウブロのブランドカラーであるブラックを基調としたモノグラムが広く配され、白く輝くHUBLOT(ウブロ)ロゴは遠くからでも目を引きます。内装は同じくウブロブラックと白、グレーといった落ち着いたモノトーンの色調を基調とし、ウブロのモノグラムデザインがあしらわれた什器、上質な家具や調度品は、ウブロの世界観と見事に調和しています。壁面には、ポップアートでウブロの時計を表現したアートワークが随所に飾られ、ブティック全体のモノトーンで落ち着いた色調とカラフルなポップアートとの「融合(フュージョン)」は、ウブロのブランドコンセプトである“The Art of Fusion (異なる素材やアイディアの融合)”を見事に体現しています。また、2階には、エクスクルーシブな空間の中でゆっくりと時計をお選びいただけるVIPルームも備えています。

グランドオプンイベント当日の夜、「ウブロブティック大阪」の誕生を祝しガラディナー「HUBLOT Fusion Night in Osaka」を開催しました。お祝いにかけつけた約90名のゲストは、オープニングセレモニーのダイジェスト映像、NYヤンキースの田中将大選手やペレ、ウサイン・ボルトなど世界のウブロアンバサダーから届いたお祝いメッセージ映像、さらに日本国内だけでなく海外でも活躍するギタリスト MIYAVIによるライブ演奏、同じくライブペインター YORKE.のライブペインティングなど、この日のために特別に用意されたウブロスペシャルディナーとともに楽しみました。また、武豊騎手、プロボクサーの長谷川穂積氏、サッカーの遠藤保仁選手など、日頃ウブロを愛用しているアスリートの方々もガラディナーにお祝いにかけつけてくれました。

関連記事