MP-08 アンティキティラ

日付:
カテゴリー: クラフツマンシップ
「MP-08 アンティキティラ・サンムーンは、古代ギリシャの知恵や知識との強いつながりがあります。」
1/4
2/4
3/4
4/4

古代の機構へ現代から敬意を込めて

謎に包まれた古代の機構が、紀元前150年ごろにアンティキティラの浜辺に座礁した船の中から見つかりました。この「アンティキティラ島の機構」は、天文学の計算や天体を航海の基準点としていた当時の航海用機器などのメカニズムを備えていました。この機構は、最も古いと考えられる複雑な歯車機構を備えており、世界初のアナログ コンピューターと呼ばれることもあります。

現在も継続しているウブロとアンティキティラ調査チームの協力による成果であるMP-08 アンティキティラ・サンムーンは、ウブロが高級時計製造メーカーとして確固たる地位を確立していることを示すとともに、伝統的な時計製造の歴史を超えてインスピレーションを得ることができるブランドであることを証明するものです。

チタン製またはキングゴールド製スクエアケースに収納された、MP-08 アンティキティラ・サンムーンの自社開発および製造ムーブメントは、295個の部品から構成されており、古代のアンティキティラ島の機構に見られる太陽と月の暦や夜空における太陽と月の相対的な位置などがわかる独自の機能を備えています。

従来のムーンフェイズ表示より優れた機能を備えたアンティキティラ・サンムーンは、空に浮かぶ月の形、月の向こう側に見える星座の名前、月が星座を通過する期間などを表示します。また、太陽の向こう側にある星座と太陽が星座を通過する期間も表示します。

ムーブメントの6時位置には、より伝統的なコンプリケーションである、トゥールビヨン脱進機が付属しています。手巻きムーブメントによって85時間のパワーリザーブが供給されます。

時計の裏面からはマット仕上げおよびサテン仕上げルテニウム製のムーブメントを眺めることができます。これには、古代の機構の正面に似せて中央に大きな歯車が付属しています。

わずか20本限定のMP-08 アンティキティラ・サンムーンは、古代ギリシャの知恵や知識との強いつながりがあるだけでなく、それ自体が時計製造の奇跡でもあります。

関連記事