ジャン・クロード・ビバー

日付:
カテゴリー: ニュース&イベント
ウブロ会長
1/1

ジャン・クロード・ビバーは、スイスの時計製造にその確かな足跡を刻んだ数少ない人物の一人です。1949年9月20日にルクセンブルグに生まれ、彼が10歳のときに家族はスイスへ引越します。モルジュのコレージュに通い、ローザンヌのビジネススクールで成熟証書(大学入学資格)を取得した彼は、ローザンヌ大学で学業を修めました。HEC(高等商業専門学校)の修了証書を手にした彼はル・ブラッシュに移り住みます。時計製造の聖地、ジュウ渓谷での暮らしは彼の人生に大きな影響を与えました。彼は何年か後にブランパンの本社となる農場の隣に居を定めました。1975年、彼はオーデマ・ピゲで1年間の「オールラウンダー」トレーニングを受ける機会に恵まれ、その後、販売とマーケティングの業務を集中してこなしました。この時期、彼は職人仕事のさまざまな局面に接し、時計製造技術についての深い知識を得ました。そのようにして彼は時計製造と時計職人への情熱を膨らませていったわけです。1980年、オーデマ・ピゲを辞した彼はオメガでゴールド製品のプロダクトマネージャーに就きます。このポストで彼は、大規模な多国籍ブランドで働く上でのルールや制約を学びました。一方で彼は次第にジュウ渓谷の時計製造文化に郷愁をいだくようになり、1982年に友人のジャック・ピゲとともに、1961年以来休眠状態であったブランパンの名義を買い取りました。

「1735年以来、ブランパンにはクォーツ時計はありません。これから先もクォーツとは無縁です」というスローガンを掲げ、彼は瞬く間にブランドを復活させ、売上げも5000万スイスフランまで増収させました。数年のうちにブランドは、時計製造業界を代表するリーディングカンパニーと競い合うまでに成長しましたが、1992年、彼はブランパンをSMHグループ(後のスウォッチグループ)に売却し、ニコラス G.ハイエックのマネージメントチームに加入します。スウォッチグループのマネージメント委員会のメンバーとして、彼には10年ぶりにオメガに戻り、オメガ ブランドのマーケティングと製品を展開するという使命が与えられました。オメガの復活は驚くべきものであり、それはまた新製品の開発と、シンディ・クロフォード、ミハエル・シューマッハ、007のジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンといった有名人の起用によるものでもありました。

2003年末、彼は1年間の休暇を取るつもりでしたが、彼が常にそうであった活動的な人間らしく、すぐに気持ちを変え、1980年に設立された小規模なブランドの指揮を執ることにしました。それがウブロ(Hublot Genève)です。2004年、CEOとして彼はウブロのオリジナル製品を際立たせる「融合の技術(The Art of Fusion)」というブランドの新しいコンセプトを打ち立てました。実際、1980年のモデルでゴールドと天然ラバーを組み合わせ、時計製造で異質な素材を初めて融合させたのはウブロでした。あらゆるノウハウとブランド経営におけるマーケティングの才能を傾けて彼は2005年4月、CEOに就任してからわずか1年でビッグ・バンと名付けられた革新的なクロノグラフを世に送り出すという偉業を成し遂げました。2005年のバーゼルワールド(BaselWorld 2005)で披露されたそのモデルはたちまちに成功を収め、数々の賞を受賞しました。これによってウブロは大きな活力を得、ブランドの驚異的な成長を証明することになりました。それから7年間の活動を経た2012年の現在、振り返ってみるとジャン・クロード・ビバーは、歩んできた道のりにおいてブランドの再生、もしかしたらその誕生にまでも確かに責任を負ってきました。ブランドの驚くべき成長は、非凡なリーダーの際限のないエネルギーを直接、反映しています。そのひとつは経済的な成長です。売上げはブランドがLVMHに買収された2008年までの4年間に2500万から20億スイスフラン以上に増収しました。

もうひとつには物理的な成長が挙げられます。2009年11月、ベルナール・アルノーの協力を得て、ニオンのジュネーブ湖畔に新しいハイテク マニュファクチュールが落成しました。ジャン・クロード・ビバーが推進し、時計製造技術と、コラムホイール クロノグラフ ムーブメントのUNICO、トゥールビヨン、ミニッツリピーター カテドラルといったグランド コンプリケーション、アンティシテール ムーブメント、キー・オブ・タイム ムーブメント、そして50日間のパワーリザーブを備え世界レコードを樹立したMP-05ラ・フェラーリなどの設計、開発、製造のために6000 m2の敷地が用意されました。新しいハイテク素材の研究と最先端のノウハウの蓄積を通じてウブロを革新性のあるブランドにすることに余念のないジャン・クロード・ビバーは2011年末、EPLF(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)により発表された傷のつきにくいマジックゴールドという18Kゴールドを製造する本格的な鋳造施設を設けました。同年、ウブロはカーボンファイバー製部品を専門に製造するProfusionというスイスのメーカーを買収しました。さらにマニュファクチュール内の電気めっき部門で、新しい金属処理の方法を繰返しテストし、2013年、ウブロは業界で初めて、ブライトレッドセラミックを導入しました。

マーケティングの見地から、ジャン・クロード・ビバーの恒常性と一貫性は、固定概念を覆す彼のセンスと同様に注目に値すべきものであり、それは「見込みのある顧客が見つかるところへ行く」という彼のストラテジーによく表されています。このアプローチによりジャン・クロード・ビバーは、サッカー界にラグジュアリーブランドを参入させた先駆けとなりました。2008年、ウブロはヨーロピアンチャンピオンシップの「公式タイムキーパー」を務めました。また2010年、ブランドはフェラーリの「公式ウォッチ」と「公式タイムキーパー」に選ばれた直後にFIFAおよびワールドカップ™の「公式ウォッチ」と「公式タイムキーパー」に初めて選ばれました。これら2つの見事な手腕により、ウブロは国際的なスケールの知名度を獲得することになります。

ジャン・クロード・ビバーとウブロはまたスポーツだけではなく、あらゆる分野で活躍する生きるレジェンドを集めたアンバサダーの特別クラブを創設し、そのメンバーたちと緊密に連携し、慈善活動にも取り組んでいます。地球最速の男、ウサイン・ボルト。サッカー界で有名な例をいくつか挙げると、バイエルン・ミュンヘン、ユヴェントスFC、アヤックス・アムステルダム、パリ・サンジェルマン。アイルトン・セナ財団とセナ一家。モナコのアルベール2世が代表を務めるモナコ海洋博物館。バスケットボール界ではNBAチャンピオン、マイアミ・ヒートとドウェイン・ウェイドや、NBAロサンゼルス・レイカーズとコービー・ブライアント。スキー界ではマリア・リーシュとダリオ・コロニャ。音楽界ではデペッシュ・モード、ジェイ・Zなど。「コネクションは分かち合いということに尽きます。分かち合えなければ大切な機会を逸します。幸運に恵まれてきたウブロには、その成功をいくらかでも還元する義務があるのです」

ブランドの指揮を執るジャン・クロード・ビバーの方針により、ウブロはオンラインのテレビ放映サービス(ウブロTV)を開始した初のラグジュアリーブランドとなり、新しい革新的かつインタラクティブなブランド紹介の方法を継続的に探索しています。商業的には、専門ブティックと正規販売店のネットワークが2007年から2008年にかけて飛躍的に充実し、今では販売拠点が750に増え、世界各国のプレステージの高いロケーションに70の専門ブティックを数えるまでになっています(ジュネーブ、パリのヴァンドーム広場、ニューヨークのマディソン通り、マイアミ、ビバリーヒルズ、ラスベガス、カンヌ、サントロペ、ロンドン、ベルリン、ミュンヘン、モスクワ、ワルシャワ、プラハ、シンガポール、上海、北京、香港、銀座、ドバイ、アブダビ、クアラルンプールなど)。

現在を見据え、先進のテクノロジーと基本姿勢としての新しい素材の研究の最先端で常に進化を続けるウブロは、最も才能のある熟練時計職人の印が刻まれているタイムピースを実現する伝統的な技法にこだわり続けてもいます。そのようにしてブランドは、時計製造文化と最先端の技術開発の間、過去と未来の間を繋ぐ融合の技術を体現します。ウブロ会長、ジャン・クロード・ビバーが語った「われわれは過去を捨て去りはしません。反対に、過去を未来に繋げることにより過去にオマージュを捧げているのです」という言葉のように。

2014年1月、ジャン・クロード・ビバーはLVMHグループウォッチ部門の責任者に任命され、タグ・ホイヤー、ウブロ、ゼニスを統括しています。

関連記事