スケルトン ムーブメント

日付:
カテゴリー: クラフツマンシップ
「現代建築からの影響を受けたウブロのスケルトン シリーズでは、時刻表示のみが可能な超薄型キャリバーからハイコンプリケーション用ムーブメントまでを取り揃えています。」
1/3
2/3
3/3

内部の超小型機械としての素晴らしさ

スケルトンウォッチの鼓動するムーブメントほど魅惑的なものはありません。

18世紀のフランス啓蒙主義時代に誕生したスケルトンウォッチは、着用者が動作するムーブメントを眺めることができるようにした時計でした。スケルトンウォッチには明確な定義や基準はありませんでしたが、ムーブメントや歯車、香箱、脱進機などの機構が内部で動作する様子がオープンダイアルから眺めることができ、さらに着用者の視線を遮る不要な部品がないことが条件となっていました。

現代の時計製造では、スケルトンウォッチには2つの明確な形式があります。1つは従来と同じく、「スケルトン」ムーブメントまたは「オープンワーク」ムーブメントと呼ばれるもので、地板、ブリッジの香箱、可動しない部品などの不要な部品が取り除かれている必要があります。ムーブメントの骨のように見える部品には、エングレービングによって装飾が施されます。これによってクラシカルでエレガントなスケルトンムーブメントが作られますが、ベースが通常のムーブメントであるため可能なデザインには限界があります。

もう1つは、ウブロ マニュファクチュールで製作しているようなより現代的な方法で製作されたスケルトンウォッチです。この方法では、独自のデザイン基準を保持しつつも、可能な限り多くの可動部品が見えるように設計および製造されます。

現代建築からの影響を受けたウブロのスケルトン シリーズでは、時刻表示のみが可能な超薄型キャリバーからハイコンプリケーション用ムーブメントまでを取り揃えています。複数のムーブメント仕上げおよび表面加工が可能であり、ムーブメントへのダイヤモンドやガラス部品のセッティングもできます。このようなスケルトンウォッチの芸術的な美しさを、ウブロでは最先端の技術を使って表現しています。

関連記事