アレクサンダー・ヴィーツェルツァック

ビッグ・バン ウニコ JUDO

コラボレーション

アレクサンダー・ヴィーツェルツァック

ドイツの柔道家アレクサンダー・ヴィーツェルツァックは、ドイツナショナルチームの一員です。ジュニア時代、2010年にモロッコのアガディールで開催された世界ジュニアで優勝を飾りました。その後深刻な怪我を乗り越えて2017年にはトップに返り咲き、ドイツの柔道連盟に14年ぶりの金メダルをもたらしました。

これが現在の彼のキャリアのハイライトです。その後2018年にはバクーで行われた世界選手権においてドイツ勢唯一のメダルを獲得しました。これら2つのメダルは2020年の東京オリンピックに向けた大切なマイルストーンとなっています。

« ウブロがスポーツ、音楽、アート、ライフスタイル、車といった様々な世界の一員であることに感銘を受けています。そうすることでブランドそのものの様々なファセットが映し出されるのです。ウブロは私にとっては純粋な芸術、融合の芸術なのです。 »
アレクサンダー・ヴィーツェルツァック
柔道家

0