ジャスティン・ローズ

ビッグ・バン ウニコ

コラボレーション

ジャスティン・ローズ

ジャスティンの誠実な人柄はゴルフ界の偉大なるアンバサダーとして最適であり、彼の仲間やファンたちにも大変愛されています。南アフリカに生まれ、イギリスで教育を受けたジャスティンは、現在バハマを拠点としている真にグローバルな指導者です。
ジャスティン・ローズは始まりは控えめながら、プロゴルファーとしてのピークに着実に上り詰めました。17歳のアマチュアゴルファーとしてジャスティンは全英オープンでいきなり4位に入り、ゴルフの世界で脚光を浴びました。しかしながらプロ転向後は21試合連続予選落ちするなど彼の将来を疑問視する声も多かったのです。この20年間でジャスティンが残してきた経歴はゴルフ界における最たるもののひとつです。

世界の20を超える試合で優勝し続けてきたジャスティン。2013年に全米オープンで優勝、2016年オリンピックで金メダル獲得、ライダーカップのメンバーに5回選出され、2018年にはフェデックス カップで優勝しています。ジャスティンは着実なプレーにより2018年についに世界ランキング1位となり、ゴルフのランキングシステムのトップに上り詰めた22名のプレーヤーから成るエリート同盟に名を連ねることとなりました。

« そうそうたるアスリートや有名人が顔を揃えるウブロ アンバサダーの一員に加わったことを大変に誇りに思います。しかしそれ以上に、消費者としての自分が選ぶNo. 1ブランドと関わり合えることが本当の意味で私を感激させています。 »
ジャスティン・ローズ
プロゴルファー

0