シェパード・フェアリー

ビッグ・バン メカ‐10

コラボレーション

シェパード・フェアリー

シェパード・フェアリーはチャールストン (サウスカロライナ州) に生まれました。彼はロードアイランド州にあるロードアイランド・スクール・オブ・デザインで、イラストレーション美術の学位を取得しました。1989年にシェパード・フェアリーは「Andre the Giant has a Posse」ステッカーを制作し、それはアートや都市景観への人々の見方を変えるOBEY GIANTアートキャンペーンへと変化しました。彼の作品は高く評価されたアートへと進化を遂げました。その中にはスミソニアン ナショナル・ポートレート・ギャラリーで見つかった2008年のバラク・オバマの肖像画である「Hope」も含まれています。

« ウブロはクラフツマンシップと非常に精巧な仕上げを大切にしており、まさにそれは私がアートにおいて大切にしているものなのです。つまり、それは創作の重要性を感じたビジュアルを創り出すためにあらゆる努力をするということなのです。 »
シェパード・フェアリー
ストリートアーティスト

0