SLベンフィカ

SLベンフィカ BY ウブロ

コラボレーション

SLベンフィカ

1904年にサッカーファンと元学生たちのグループによって設立されたリスボンのこの小さなクラブには、長い歴史があります。クラブの伝説と伝統を作り上げた成功と勝利の数々に敬意を表して「栄光(O Glorioso)」の愛称が付けられた勝利の鷲が、ホームでの試合が行わる前に「光のスタジアム」に飛来するパフォーマンスが行われます。この鷲は「クラシック・フュージョン クロノグラフ “スポルト・リジュボア・イ・ベンフィカ”」にもあしらわれています。伝説によれば、鷲がクラブの盾に降り立つ前に上空を2回旋回すると、ベンフィカが試合に勝つとされています。ベンフィキスタたちの手首に、「大聖堂」の中心に、そしてサポーターズクラブがある世界中すべてのベンフィキスタのホームでSLベンフィカの勝利の時間を、ウブロが刻みます。

« 私たちはグローバルなパートナーを求めていました。ベンフィカと同様に、ウブロは業界のリーダーであり、世界中に強い存在感を示しています。そして何よりも、ウブロは伝統と革新を融合させています。これは私たちにとって非常に重要なことです。 »
ルイス・フェリペ・ヴィエイラ
SLベンフィカ 会長

0